活動日記

あったかハートまつりに行ってきました。

2018.6.4

◆2018.6.3(日)◆

刈谷病院さんが敷地を開放し、地域住民と交流しながら精神科病院への理解を深める「あったかハートまつり」が今年も開催されました。

刈谷病院は私の住む重原地区にあり、地区の方々が多数ボランティアをされていました。

誠にご苦労様でした。

各種の屋台や体験コーナーの中に、「バーチャルADHD」コーナーがありました。

ADHD(Attention Deficit/Hyperactivity Disorder)は、日本語で「注意欠如・多動症(注意欠陥/ 多動性障害、注意欠如・多動性障害)」と言い、 自分をコントロールする力が弱く、それが行動面の問題となってあらわれる障がいで、先天性の脳の特徴だと考えられています。

このコーナーでは、ADHDのお子さんが何をどう感じ、どのような生きづらさを抱えているかを、本人目線で紹介する動画を放映していました。

いわゆる発達障がいのひとつですが、早期発見、早期療育により、その症状を改善したり、生きづらさを低減する事もできますので、多くの方に知って頂き、理解者を増やしていく事が必要です。

その点において、このイベントは大変重要です。

あったかハートまつりが末永く開催される事を祈念申し上げます。

好天に恵まれ、多くに人が来場されました。

バーチャルADHDコーナー。