コラム『私の思い』

演劇を鑑賞しました。

2018.7.8

☆2018.7.8(日)☆

知人の方が出演する演劇を久々に鑑賞しました。

この劇団は、西三河を中心に45年間の長きにわたり活動を続けておられます。

地域の文化振興に大きく貢献され続けている事に、心より敬意を表します。

シュールかつメッセージ性が強めではありますが、ユーモアも交えた演技を堪能しました。

皆様の益々のご健勝、ご活躍を祈念申し上げます。

父を見送って

2018.4.9

☆2018.4.8(日)☆

3/25に父が亡くなり、通夜葬儀の喪主を務めました。

関係各位に頂いたご厚情に改めて御礼申し上げます。

私は、通夜葬儀式は

「故人を弔い、お別れをするとともに、感謝の念を伝えること」

だと思います。

山口百恵さんの歌に「さよならの向こう側」という名曲があります。

この歌の歌詞が、人との別れを的確に表現していると思います。

人生においては、様々な「別れ」があります。

次はいつ会えるかもわからない相手を敬い、感謝の念を伝えられるよう

努めていきたいと思います。

エビフライサンド(コンパル風)

2018.1.23

☆2018.1.21(日)☆

名古屋の老舗喫茶店コンパルの名物「エビフライサンド」を自宅で再現してみました。

作り方は以下の通りで、クックパッドを参考にしています。

①キャベツの千切りにマヨネーズ、黒こしょうを適量まぶす。

②エビフライを揚げる。

③塩、こしょう、砂糖を混ぜた卵焼きを作る。

④パンをトーストし、バターとマスタードを塗る。

⑤エビフライにトンカツソースを塗る。

⑥キャベツ、エビフライ、卵焼きをトーストにサンドし、軽く手で押さえる。

 (本物はタルタルソースも入りますが、今回は省略しました)

⑦食べやすい大きさに切る。

二人分作ったのですが、1回目はサンドしてすぐ切ろうとしたら崩れてしまった為、

2回目は全体がなじむまで少し放置したところうまくいきました。

冷凍エビフライをはじめ安価な材料ばかりですが、本物に負けず劣らず美味しかったです。

今後も安くて美味しい食べ物をご紹介いたします。

エビフライがくっついたのはご愛嬌。大変美味しかったです。

煮豚と煮卵+チャーハン

2018.1.8

☆2018.1.8(日)☆

いつもの簡単レシピで煮豚と煮卵をつくりました。

家族にも好評です。

煮汁を使ったチャーハン弁当も作りました。

レシピは以下の通りです。皆さんもお試しください。

①市販の焼肉のたれ(甘口)400CC、豚バラ肉ブロック500g程度、ゆで卵適量、味噌・砂糖各大さじ1、水約600CC(3カップ)を用意します。

➁フライパンで豚バラ肉の表面を焼きます。油はひきません。肉はたこ糸で縛りませんでしたが問題ないようです。

③別鍋に①の調味料を全てまぜた煮汁に焼いた豚バラ肉とゆで卵を入れ、弱火で1時間煮込んだら火を止めて冷まします。

完成した煮豚と煮卵。

チャーハン弁当。

パスコさんの新作パン

2017.12.14

☆2017.12.14(木)☆

パスコさんが発売した国産小麦のバゲット

「窯焼きパスコ」

がとても美味しいのでご紹介します。

石窯オーブンで直焼きするとのことで、外はパリッと、中はしっとり仕上がっています。

オーブントースターで温め直すと焼き立ての状態に戻ります。

皆様、ぜひご賞味を!!

トヨタグループ写真展

2017.11.30

☆2017.11.30(木)☆

恒例のトヨタグループ写真展を見てきました。

私の勤務先の方も、富士山や風景、列車などの見事な写真を出品していました。

本格的な写真撮影に取り組んでおられる皆さんには到底かないませんが、私も重原地区の文化展に毎年写真を出品しています。

人物や動物、風景を切り取る感性を、少しづつでも磨いていこうと思います。

会場は刈谷市美術館です。

帰ってきたオザケン

2017.9.24

☆2017.9.24(日)☆

「オザケン」こと小沢健二さんは、1990年代中期に一世を風靡したシンガーソングライターですが、今年19年振りに発表した新曲を聞き、その世界観に興味を持ちました。

当時の私は駆出しの営業マンとして大変忙しく、あまり音楽を聴いていなかったので、改めて動画サイトで聴いてみると、バブル崩壊後の厳しい時代にも関わらず、彼の楽曲はキラキラと輝いていました。

「ラブリー」

「痛快ウキウキ通り」

「愛し愛されて生きるのさ」

独特な言葉選びやメロディーに天性の才能を感じました。

「いちょう並木のセレナーデ」

せつないメロディーと心象風景を描いた歌詞が心に残る名曲です。

先の見えない現代社会には、こんな歌が必要だと思い、思わずCDを購入しました。

活動を再開したオザケン氏が、再び音楽界に新風を吹き込んでくれる事を期待します。

自家製ヨーグルト

2017.9.4

☆2017.9.3(日)☆

わが家は毎朝ヨーグルトを食べるのですが、この度、ヨーグルトメーカーを購入し、内製化(笑)しました。

説明書に従い、タネとなる市販ヨーグルトと牛乳を混ぜて、機械にセットすると、8時間後に完成します。

とても簡単に美味しくできあがります。

今後、様々なバリエーションを試していきたいと思います。

向かって右がヨーグルトメーカー、左が出来上がったヨーグルトです。

冷や汁簡単バージョン

2017.8.7

☆2017.8.6(日)☆

奥さんが作ってくれた今年初の冷や汁は、白みそ仕立てでした。

魚はいつもはアジの干物をほぐしたものを使うのですが、今年はサバの缶詰です。

アジを焼いてほぐす手間がなくなり、短時間でできたのですが、味は最高でした。

夏は冷や汁に限りますね。

ネットで検索すると色々なレシピがありますので、皆様もどうぞお試しください!

鯛焼き 

2017.6.19

☆2017.6.18(日)☆

豊明市のむらさきやさんの鯛焼きを久々に頂きました。

一丁型というらしいですが、持ち手の先に型があり、「ガチャガチャ」と開閉しながら一匹づつ焼く鯛焼きです。

皮が非常に薄く、あんこが多いタイプで、一匹90円という安さです。

現在減量中で、甘い物を絶っていましたので、至福の味がしました。

皮が薄いため、あんこが見え隠れしています。

1 / 612...最後 »