活動実績

公園のトイレの不具合を修繕して頂きました。

■2019.5.2(木)■

市民の方より「亀城公園のトイレ内と軒(のき)に穴が開いている」との通報を受けました。

現地を確認すると確かに穴が開いています。

棒状の物で突つくなど、人為的な行為によると思われますが、理由は定かでありません。

トイレ内の穴は、盗撮などの犯罪を引き起こす可能性がありますので、すぐに公園緑地課さんに連絡し、穴をふさいで頂きました。

迅速なご対応誠にありがとうございました。

小さな問題を大きな問題に発展させてはなりません。

今後も市内をよく観察し、不具合を修繕・改善・改修してまいります。

軒の修繕後です。

修繕前はこのような穴があいていました。

4月度活動報告

■2019.4.26(金)■

4月度活動報告を掲載しました。月次レポートよりご覧下さい。

http://www.m-sahara.jp/?page_id=75

3月議会で質問した刈谷駅北口の乱横断問題が「とくダネ!」で放映されました。

◆2019.4.8(月)◆

フジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」で、JR刈谷駅北口で常態化している「乱横断」が、全国の事例の一つとして紹介された事を知りました。これは、横断歩道や信号のない道路を、多数の歩行者や自転車が横切る行為で、私がさる3月議会の質問質疑で改めて問題提起したテーマです。

私の所属会派「市民クラブ」としても、対策を要望しています。

道交法上は、この地点は横断禁止ではないとはいえ、いつ事故が発生してもおかしくない状況です。

横断者の自己責任とも言われますが、事故は被害者も加害者も、そしてその家族をも不幸にします。

市の関係各位におかれましては、今回の放映を機に、提案させて頂いた抑止対策や恒久対策、その他の解決策の検討を更に進めて頂けますよう、ご協力をお願い申し上げます。

刈谷駅北口の乱横断の様子です。見やすさとプライバシーに配慮し、横断者を白いシルエットで表しています。

紡ぎ織りレポート(市政レポート)Vol.33

■2019.3.29(金)■

紡ぎ織りレポートVol.33(市政レポート)を掲載しました。こちらよりご覧下さい。

http://www.m-sahara.jp/?page_id=93

3月度活動報告

■2019.3.29(金)■

3月度活動報告を掲載しました。月次レポートよりご覧下さい。

http://www.m-sahara.jp/?page_id=75

障がい者就労施設等の製品・作業カタログが完成しました。

■2019.3.27(水)■

本日、市内の障がい者就労施設等が作る製品や請負作業をまとめたカタログが完成し、市のHP及びポータルアプリ「あいかり」にアップされました↓

https://www.city.kariya.lg.jp/kurashi/fukushikaigo/syogaifukushi/fukusou-catalog.html

私は、昨年の9月定例会の一般質問で、障がいのある方との共生を進めるには、こうしたツールが必要だと提案していましたので、完成を大変嬉しく思います。

刈谷市福祉総務課さんのご理解、ご尽力に感謝申し上げます。

当カタログでは、各施設が扱う食品、縫製品、アメニティグッズ、事務用品等や、清掃や部品組み立て等の作業をきれいに整理・紹介し、連絡先も掲載しています。

これらを庁内はもちろん、個人や企業に買って頂いたり、作業を委託して頂く事が、障がいのある方の働く喜びや、生活支援につながります。

皆様におかれましては、記念品や贈り物など、様々な機会を捉えてぜひご活用下さい。

私自身もこの取り組みを継続するとともに、障がい者支援の更なる充実を提案してまいります。

カタログの表紙です。

製品の写真や単価などが詳しく紹介されています。

カーブミラーを交換して頂きました。

■2019.3.20(水)■

何らかの衝撃で鏡面が傷つき、視認性が著しく低下していた一色町地内のカーブミラーを交換して頂きました。

これで本来の機能を取り戻す事ができました。

くらし安心課さん、ご対応ありがとうございました。

車両の接触等によりミラーが傷ついたり、向きが変わってしまう事態はしばしば発生します。

自動車産業に関わる者として、こうした現象を早期に発見し、迅速に対応していきたいと思います。

交換後です。

交換前は鏡面が歪み、視認性が低下していました。

標識を直して頂きました。

■2018.3.19(火)■

先日、駅周辺を歩いていると、刈谷街道踏切(刈谷駅西側に近接するJRの踏切)にある進入禁止の標識が、大きく傾いていました。

車の衝突など、何らかの大きな力が加わった事が原因と思われます。

このままでは、歩行者や自転車のじゃまになったり、ぶつかる可能性がありますし、景観も損ねていますので、くらし安心課さんに修理を要請しました。

その結果、傾いた標識が撤去されるとともに、対面にある一方通行の標識が、進入禁止標識と一体化され、リニューアルされました。

関係各位におかれましては、ご対応誠にありがとうございました。

交通量の多い地点ですので、これで一安心です。

今後も市内の状況を凝視し、安全安心のまちづくりに努めてまいります。

新設された標識です。

対策前は標識が大きく傾いていました。

市民文教委員会で提案・要望しました。

■2018.3.11(月)■

副委員長を務める市民文教委員会で、各種の質問・提案をしました。

概要は以下の通りです。

委員各位におかれましては円滑な運営にご協力頂き、誠にありがとうございました。

1)屋外スポーツ施設へのミストファン導入を再要望

今夏もスポーツ施設の暑熱対策、熱中症対策は必須。私が昨年提案したミストファン(霧状の水を飛ばす大型扇風機)が一部施設に導入されるが、他の施設にも順次導入すべき。冷房ほど冷えすぎず、日陰に退避するだけより清涼効果は高い。空間温度を下げる効果もあり、休憩時やハーフタイムのクールダウンに最適。前向きな答弁を頂いたので、ぜひ引き続き導入して頂きたい。

2)タワーマンション併設の認可保育園の課題を指摘

銀座に建築中のタワーマンション(81戸)に併設される「仮称:城のうさぎ保育園」は、同じマンション居住者で、入園できる子とできない子が発生しうる。そうなった場合、入居者が抱く不公平感は他の事例に比べて各段に高い。入園可否は保育の必要度に応じて決まるため、いたしかたないが、対応を誤ると行政への不信感につながりかねない。入園希望者への丁寧な事前説明・対応をお願いする。

更なる熱中症予防対策が望まれるウェーブスタジアム刈谷。

2月度活動報告

■2019.2.28(金)■

2月度活動報告を掲載しました。月次レポートよりご覧下さい。

http://www.m-sahara.jp/?page_id=75

1 / 3312...102030...最後 »