活動実績

道路の穴ぼこを補修して頂きました。

■2024.7.11(木)■

過日、市中心部を車で走行中、道路に大きな穴ぼこがある事に気づきました。

穴ぼこは連続して3か所あり、うち1か所は特に大きく、通過するとタイヤが波打ち、車体が上下に揺さぶられるような状態でした。

そこですぐに市に連絡したところ、迅速に補修が完了しました。

大きな穴ぼこでしたので、応急処置ではなく、3か所とも再舗装されました。

刈谷市土木管理課さん、ご対応ありがとうございました。

今後も市内の危険個所の早期発見に努めてまいります。

街路灯を修理して頂きました。

■2024.7.6(土)■

過日、夜間のウォーキング時に、アクアモールの街路灯が1基点灯していない事に気づきました。数年前にLED化されて以来、殆ど切れる事はありませんので、不思議に思いよく観察すると、2つある電球のうち片方がありません。

消失した理由はわかりませんが、以前にも同様の事象が発生しており、持ち去りの可能性も否定できません。

いずれにしても、人通りが大変多い場所ですので、すぐに市に連絡し、修理して頂きました。

刈谷市くらし安心課さん、ご対応ありがとうございました。

皆様におかれましては、公共施設は大切にお取り扱い頂けますようご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

ビフォーアフターです。

点灯後です。

未点灯時です。

紡ぎ織りレポート(市政レポート)Vol.54

■2024.6.30(日)■

紡ぎ織りレポートVol.54(市政レポート)を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

今定例会では、パリ五輪やアジア大会に向けたアスリート支援の更なる充実等を提言しました。また、令和7年度からの高校生世代の通院医療費無償化に向けた議案が認定されました。

この点について、私の所属会派「市民クラブ」としての見解を述べます。

市民クラブは、財政赤字に苦しむ健保組合への更なる負担増や、地域間格差が生じる為、同医療費は国費負担とすべきとの立場でしたが、今定例会の福祉産業委員会での質疑を通じ、

・国が全国一律の無償化を見送り、独自に18歳年度末までの医療費補助を行う自治体に対する国費減額措置が撤廃された事。

・県内市町村の約7割が無償化実施に至り、不公平感が高まっている事。

・市内の主要健保組合が無償化を容認した事。

を確認しました。これらの状況を総合的に判断し、無償化もやむなしとの見解に至りましたが、市に対し、引き続き国費負担を要望する事、不要不急の受診を助長させない事、少子化の歯止めとしてしっかり機能させていく事などを要望しました。

ご理解並びに引き続きのご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

PDFを表示

6月度活動報告

■2024.6.30(日)■

6月度活動報告を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

6月定例会では、刈谷市ゆかりのアスリートへの支援の充実を提言しました。

まもなく開幕するパリ五輪と、2年後のアジア大会(愛知・名古屋開催)を見据え、刈谷のスポーツの更なる振興をはかっていく事は必須ですので、当局におかれましても一定の理解を頂けたと思います。

また、議会運営委員会の委員長として、当選同期の山崎高晴議員のご逝去に伴う欠員手続きを行った事は、議員キャリアで初めての経験でした。

刈谷市議会の更なる発展に尽くし、御遺志に報いてまいりたいと思います。

変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFを表示

「停止禁止部分」の路面標示を引き直して頂きました。

■2024.6.22(金)■

過日、「消防団第2分団前の路面標示が消えてしまっているので引き直してほしい。」とのご要望を頂きました。現地を確認すると「停止禁止部分」を示す路面標示が殆ど消失していましたので、市に要請して引き直して頂きました。

刈谷市土木管理課さん、ご対応ありがとうございました。

この「停車禁止部分」は緊急出動時、停止車両に行く手を阻まれないよう設置されていますので、このエリア内での停車は道路交通法で禁止されています。

車でご通行の皆様におかれましては、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

ビフォーアフターです。

企画総務委員会で各種の提言をしました。

■2024.6.13(木)■

本日開催された企画総務委員会で、2つの案件について要望しました。概要は以下の通りです。

 ☆さはらの要望

『名古屋工業大学の北川啓介教授が開発した簡易住宅「インスタントハウス」が、能登半島地震の被災地で活用されている。屋外用は断熱性があり、暑さ・寒さをしのげる為、仮住まいのみならず地域コミュニティの居場所としても活用されている。屋内用は屋根付きハウスで、被災者のプライバシーが守られる。仮設住宅入居までのつなぎとしての機能をはじめ、エコノミークラス症候群の発症リスクがある車中泊者数を低減したり、ペット同行・同伴・同室避難スペースとしても使える可能性がある。試験導入も含め、ご検討頂きたい。』

☆さはらの要望

『産業振興センター方面から交通児童遊園方面に抜けるアンダーパス(地下道)の歩道は、急こう配かつ急カーブしており、見通しが悪い。この歩道を猛スピードで駆け下りる自転車が後を絶たない。自転車と歩行者、自転車同士による重大事故がいつ発生してもおかしくない状況である。今回、私の問題提起に対し、注意看板の大型化や路面標示の追加、学区の小中学生や通行人へ降車を促す啓発活動をして頂ける事に感謝申し上げる。しかしながら、自転車から必ず降車させる、あるいはハンプの設置やゾーニング等の法的・物理的対策は打てていないので、追加対策も都度相談させて頂きたい。』

画像は再現です。

アンダーパスの入口。

急カーブしています。

見通しが大変悪いです。

「刈谷市ゆかりのアスリート支援について」一般質問をしました。

■2024.6.5(水)■

本日、6月定例会が開催し、「刈谷ゆかりのアスリート支援について」一般質問しました。質疑の概要をご紹介します。

さはらの質問「パリ五輪に出場する本市ゆかり(本市出身、市内のホームタウンパートナー(HTP)チーム所属など)の日本代表選手を、本大会に向けどのように応援していくのか。」

市答弁「激励金を贈呈するとともに、懸垂幕や横断幕、ポスター、電子広告を市内に掲載し、市民に発信する。大会後は、顕著な功績があった選手にスポーツ栄誉賞やスポーツ功労賞を授与する。」

さはらの質問「パリ五輪のパブリックビューイングはどのように開催するのか。」

市答弁「会場はウィングアリーナ刈谷のサブアリーナを予定し、時差や放映時間を考慮しながら、本市ゆかりの選手をできる限り幅広く応援したい。上限は800人、事前申込み制とするが、空きがあれば当日でも上限まで入場できるようにする。」

さはらの質問「現在のHTP制度を個人やジュニア、シニアのトップアスリートにも支援対象を広げるとともに、引退後に指導者への転身等をサポートするセカンドライフ支援を盛り込んだ、新たなアスリート支援の枠組みを作ってはどうか。」

市答弁「スポーツ振興及び競技力向上につながると考え、他市の制度を調査・研究し、支援方法を検討していく。」

☆さはらの要望

2年後のアジア大会(愛知・名古屋開催)や小学校部活の地域移行に照準を合わせ、新たな支援制度を創設すれば、その効果を最大化できる。 刈谷でスポーツを学んでよかった、刈谷のチームに入ってよかった、引退後も刈谷に根付いていこうと感じてもらえるトップアスリートが増えれば、刈谷のスポーツは更に振興していく。ぜひご検討願いたい

市の関係各位におかれましては、何卒宜しくお願い申し上げます。

一般質問をする私。

さはらが提案したアスリート支援の新たな枠組み。

道路を再舗装して頂きました。

■2024.6.4(火)■

一昨年、トヨタ労組さんより、「高岡工場前の道路冠水がひどいので対策してほしい。」とのご相談を頂きました。

現地を確認すると、場所柄通行量が多い為、路面が傷んでひび割れ、凹凸が生じていました。雨天時に再度確認すると、路面全体に大きな水たまりができ、車が通るたびに大量の水が路肩にはね飛ばされていました。もし歩行者がいれば、ずぶぬれになってしまうでしょう。

刈谷市に相談した結果、予算が確保でき次第、路面約120m区間を再舗装して頂く事となり、過日、施工が完了しました。刈谷市土木管理課さん、ありがとうございました。

時間はかかりましたが、路面は見違えるようにきれいになりました。

また、隣接する池に雨水を流す水抜き穴の土砂も、きれいに除去されていました。

梅雨時前に工事が終了し安心しましたが、次回の雨天時に効果の確認をしたいと思います。

大変きれいになりました。

曲がり角付近まで舗装されました。

舗装前は大きな水たまりが全面にできていました。

車が通ると、とても大きな水しぶきが飛ぶ状態でした。

5月度活動報告

■2024.6.1(土)■

5月度活動報告を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

当月は様々なイベントや会合等で、関係団体各位との連携を深めました。

また、私が課題提起してきた刈谷駅前の乱横断対策について、NTT西日本が実証実験をする事が決まったのは大きな収穫でした。詳細はレポート内をご参照下さい。

6月定例会では、高校生世代の通院医療費無償化に係る予算が上程されました。地位間格差が生じる為、本来は市費ではなく国及び県費で対応すべき事案と考えます。

市が決断した背景や無償化にかかる経費の考え方を確認し、慎重に審議していきたいと思います。

引き続きのご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFを表示

電柱の根元の穴ぼこを直して頂きました。

■2024.5.24(金)■

市内企業さんより、「本社前の電柱の根元に穴が開いており危険。」との連絡を頂きました。すぐに現地を確認すると、電柱の根元に陥没したような穴があいていました。

地中の状態によっては電柱が倒壊する可能性もあると感じ、市に対応を要請したところ、翌日には補修工事が完了しました。

刈谷市土木管理課さん、素早いご対応に感謝申し上げます。

また、危険個所を通報して頂いた皆様、誠にありがとうございました。

穴が開いた原因はよくわかりませんが、近年の豪雨が地中の土砂を流出させたのでしょうか。

引き続き、道路や歩道の様々なトラブルに対応してまいります。

大きな穴が開いていました。

補修工事の様子。

1 / 6412...102030...最後 »