活動実績

歩道の「根上がり」を補修して頂きました。

■2021.3.31(水)■

神田町の交通児童遊園内を流れる薬師川沿いの歩道は、歩行者と自転車の専用道で、通学路や抜け道として使われています。

過日、その歩道を歩いていると、路肩が大きく盛り上がり、段差が生じている箇所を発見しました。

よく観察すると、遊園内の樹木の根が生長して舗装を持ち上げる、いわゆる「根上がり」が原因だとわかりました。

放置したままでは歩行者や自転車が段差につまづき、ケガをする恐れがありますので、市に対策を要請し、補修して頂きました。

刈谷市土木管理課さん、いつもありがとうございます。

私は市内のランニングを習慣としていますが、走りながら観察すると、歩道のそこかしこで根上がりが見られます。

危険性の高い箇所を中心に、引き続き根上がり対策をお願いしていきたいと思います。

補修後です。路面の再舗装と側溝の入れ替え工事により、路面が平らになりました。

補修前です。樹木の根が路面を盛り上げ、側溝も持ち上げられていました。自然の力はすごいですね。

排水溝も補修されました。

紡ぎ織りレポート(市政レポート)Vol.42

■2021.3.31(水)■

紡ぎ織りレポートVol.42(市政レポート)を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

コロナ禍に遭われた皆様に衷心よりお見舞いを申し上げますとともに、エッセンシャルワーカーの皆様に心から感謝申し上げます。

今年度予算編成は市税の減収を見込み、財政調整基金を40億円繰り入れましたが、今後ワクチン接種が順次開始され、市のモノづくり産業も回復傾向にあります。

引き続き、実効性の高いコロナ対策、更なる産業振興策、市の活性化策を提言し、皆様が一刻も早く通常の生活を取り戻せるよう努めてまいります。

PDFを表示

3月度活動報告

■2021.3.31(水)■

2月度活動報告を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

さる3/21に愛知県独自の厳重警戒宣言は解除されましたが、県内の感染者数は再び増加傾向にありますので、誠にご面倒ですが、引き続きの感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

さて、刈谷市は5月上旬より、高齢者施設等に入所されている方からコロナワクチン接種を開始するとの方針を示しましたが、情報は日々変化しておりますので、今後も当報告書にて最新情報を発信してまいりたいと思います。

3月定例会では、刈谷豊田総合病院の水害対策などを提案し、一定の成果を得られました。

また、3月末で屋外照明類4,018灯のLEDが完了しました。

風水害への対応力と防犯力向上をはかり、コロナ禍との重複災害に耐えうるまちづくりを提言してまいります。

PDFを表示

街路樹45本の支柱を交換して頂きました。

■2021.3.20(土)■

刈谷駅北口と一色町交差点を結ぶ市道01-20号線は、市の中心部を走る交通の要衝で、市の顔となる幹線道路ですので、不具合発生都度、市に改善をお願いしてきました。

さる1月には、路線沿いの街路樹と支柱を結節するヒモが多数切れたり緩んでいる事に気づき、締め直しをして頂きましたが↓

活動報告 | 刈谷市議会議員|さはら充恭(みつやす)|議会活動/市内の改善活動/活動成果 (m-sahara.jp)

傷んだり傾いた支柱も多く見られた為、最終的に45本分の街路樹の支柱が交換されました。

刈谷市公園緑地課さんの迅速かつ、丁寧な対応に感謝申し上げます。

引き続き、道路を適切に維持管理し、安全に通行できるまちづくりに貢献していきたいと思います。

3/19に支柱が新品に交換されました。街路樹としっかり結節されています。

交通量も人通りも多い幹線道路です。

道路の側溝にフタをして頂きました。

■2021.3.16(火)■

中山町内の道路の側溝にフタをして頂きました。

刈谷市土木管理課さん、ご対応ありがとうございました。

ここは抜け道利用する車や、遊戯施設に向かう車などが頻繁に通る為、近隣の方から脱輪の危険性を指摘する声が届いていました。

引き続き道路の不具合の早期発見、早期対応に取り組み、事故の未然防止に努めてまいります。

白いフタが新設分です。

設置前はフタがある箇所とない箇所が点在していました。

対面の側溝にも設置されました。

設置前はこのような状態でした。

建設委員会で提案、要望しました。

■2021.3.12(金)■

本日、所属する建設委員会が開催されました。

委員会は議員席間にアクリル板を設置し、ソーシャルディスタンスを確保するとともに、30分ごとに休憩&換気をしながら進められました。

私の主な提案、要望事項は以下の通りです。

★下り松川の氾濫防止対策(※浚渫工事)が実現へ。

さはらの要望『刈谷豊田総合病院(刈総)のそばを流れる下り松川は、堆積した土砂や雑木が流水を妨げ、豪雨時の水位が上昇している。もし氾濫すれば、近隣住民に甚大な被害が及び、災害拠点病院となる刈総が機能不全に陥る。かねてより要望している※浚渫(しゅんせつ:川中の土砂や雑木を掘り取る工事)を早期に行うべき。』

市答弁『県が5月末までに★深見橋から高松排水機場周辺の浚渫と雑木等の撤去を行う。残る区間も引き続き早期の浚渫を働きかける。』

☆コンベンション機能やエキナカショッピング機能を有する新駅ビル建設を提案。

さはらの要望『JR刈谷駅の改良工事終了後(5~6年後)、駅北口の市有地に民間活力を導入した複合施設の建設を検討していくとの事だが、結婚式や国際会議ができるコンベンションホテルや、エキナカのショッピング機能を有する施設を作ってはどうか。「通過する・通勤する駅」と言われがちな刈谷駅を「人が集う駅」へと変貌させる為、しっかり検討願いたい。』

☆テレワークや運動、飲食、地域交流等ができる公園商業施設の新設を提案。

さはらの要望『時流に即した公園機能の強化は公園の利用促進、活性化、多機能化に大きく貢献する。例えば、名城公園の「tonarino」のような、有名カフェやスポーツショップを備えた公園商業施設を設置し、公園でテレワークや運動、飲食、地域交流等ができる環境を整備してはどうか。』

☆次世代移動サービスや自動運転路線の導入を見据えた取り組みを要望。

さはらの要望『公共施設連絡バス「かりまる」の路線及び運営の抜本的見直しは、市民の利便性向上が期待されるが、民業圧迫につながりかねない為、民間タクシー等の事業者の意見にしっかりと耳を傾けて頂きたい。 また、近い将来の次世代移動サービスや自動運転路線の導入も見据えた見直しを要望する。』

その他、5月に供用開始される刈谷駅デッキ直結の複合施設「アルバックスタワー刈谷ステーション」については、テナント誘致に積極的に関わり、投資に見合う効果や賑わいの創出に市も貢献する事を要望しました。

下り松川の流れを妨げる雑木。奥に見える建物が刈谷豊田総合病院です。

新駅ビル建設を検討する刈谷駅北口。

名城公園の商業施設「tonarino」。

有料化も含め、抜本的な運営見直しを検討する公共施設連絡バス「かりまる」。

道路の不具合を直して頂きました。

■2021.3.10(水)■

重原地区にお住まいの方から「路肩が崩れかけている道路がある」との相談を頂きました。

現地を確認すると、道路脇から染み出した地下水が、路面の傾斜づたいに対面の路肩に流れ込み、土台を侵食しているようでした。

このままでは路肩が崩れ、車や歩行者が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そこで、重原地区と連携して市に対策を要望した結果、路面を再舗装するとともに、路肩をコンクリートで補強して頂きました。

刈谷市土木管理課さんのご対応に感謝申し上げます。

しかし、道路脇からは地下水が染み出し続けており、新たな不具合が発生する可能性もありますので、今後も状況を注視していきたいと思います。

引き続き、多様な道路の不具合に対応してまいります。

対策工事後です。

対策前は、染み出した水が向かって右側の路肩を侵食していました。

コンクリートで路肩が固められました。

対策前はこのような状態でした。

防犯灯を増設して頂きました。

■2021.3.2(火)■

中山町の暗がりに防犯灯を新設して頂きました。

この路線は駐車場利用や抜け道利用により、昼夜を問わず人と車が交錯する上に、最近、近隣で住宅侵入盗が発生した為、交通安全と防犯両面の強化策として設置を要望していました。

くらし安心課さんのご対応に感謝申し上げます。

設置後は周辺が大変明るくなり、事故防止や防犯の機能が向上したと感じます。

刈谷駅周辺の都市化が進み、にぎわいが増せば、犯罪や事故等の増加が懸念されますので、安全安心のまちづくりも更に強化していかねばなりません。

この二つの取り組みが連動するまちづくりに、引き続き取り組んでまいります。

設置後は大変明るくなりました。光源はもちろんLEDです。

設置前は周辺が大変暗い状態でした。防犯灯があるかないかで大違いです。

2月度活動報告

■2021.2.27(土)■

2月度活動報告を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

2/28をもって国の緊急事態宣言は解除されますが、愛知県は3/14まで独自の「厳重警戒宣言」を発出し、引き続きの感染拡大防止の徹底を求めています。

自粛が続きますが、皆様におかれしまては何卒ご理解ご協力お願い申し上げます。

さて、刈谷市でもコロナワクチン接種の準備が始まりましたが、ご存知の通り、ワクチン入手に関する情報は二転三転しております。

そこで当報告書内に、現在判明している情報や問い合わせ先等を掲載しましたので、ぜひご活用下さい。

3月定例会では、来年度予算をはじめとする重要議案が審議されます。

支援を要する人や団体を速やかにサポートし、誰一人取り残さない予算編成であるかを検証していきたいと思います。

PDFを表示

薬師川の防護柵を更新して頂きました(昨年の続き)。

■2021.2.22(月)■

薬師川の堤防道路の老朽化した防護柵について、昨年分(重原歩道橋⇔薬師川トンネル間約240m)に続き、今年は上流部の北側(重原歩道橋⇔名鉄踏切付近約200m)を更新して頂きました。

こちらも昨年同様、高さのあるメッシュフェンスに交換されました。

この路線は主に、沿線のマンションやアパートの駐車場への出入りに利用されていますが、子ども達の遊び場にもなっていますので、これで一安心です。

刈谷市雨水対策課さん、ご対応ありがとうございました。

残るはこの反対側(重原幼児園側)の防護柵ですが、同園は今後、民営保育園に改修される計画であり、その建設過程で防護柵も更新される予定です。

開園後はたくさんの子ども達と保護者の皆さんが通園されます。

引き続き重原地区と連携し、安全安心の地域づくりに取り組んでまいります。

更新された新防護柵です。

老朽化した旧防護柵です。

安全性に加え、景観も向上しました。

重原歩道橋の基部に旧防護柵が一部残っており、新旧の比較ができます。新防護柵のほうがより安全である事がわかります。

1 / 4412...102030...最後 »