活動実績

企画総務委員会で提言・要望しました。

■2019.9.10(火)■

所属する企画総務委員会で各種の提言・要望をしました。

概要は以下の通りです。

☆非常勤・臨時職員の働き方改革推進について提言

『法改正に伴い、市役所の非常勤・臨時職員の多くが「会計年度任用職員」に移行し、期末手当の支給や定期的な人事評価が始まる。当該職員のモチベーション向上など、制度をうまく活用し、労働の質を高め、労使がウィンウィンの関係となるよう推進して欲しい。』

☆立体駐車場の安全性・快適性について質問・要望

建設予定の立体駐車場(完成目標:令和3年4月)は、転落防止柵や警報装置、防犯カメラやエレベータの設置により安全面に配慮するとともに、余裕を持った駐車枠や車路幅で快適性を確保している事は理解した。市役所の駐車場は多様な市民が利用する。危険運転やあおり運転が社会問題になっているので、安全な利用/運用に関する啓発をしっかり実施するよう強く要望する。

☆大規模災害時の諸課題について提言・要望

●ペット同行避難について

避難所でのペット(犬猫)受入マニュアル整備は急務。避難所にはペット用の備蓄品はなく、飼い主が責任を持って準備すべき事を周知する必要がある。市のHPに「ペット防災ページ」を開設し、備蓄品リストや災害時の対応を広く発信して欲しい。

●車中泊(車中避難者)支援について

大規模災害時に多くの人が車中泊をする事は明白。避難所のグラウンドで支援するとの事だが、街区公園なども開放すべき。避難者のエコノミークラス症候群予防やガソリン供給方法など、課題は山積している。引き続き支援方法を検討して欲しい。

●メディア等を活用した消防団PRについて

消防団への各種支援施策が団員増に結び付いていない。スポットのPR活動に加え、ケーブルTVやFMラジオ、デジタルサイネージ等を活用した、継続的なPR活動も実施すべき。

画像は質問時の再現です。

車道にはみだした街路樹を剪定して頂きました。

■2019.9.6(金)■

先日、勤務先から市役所に向かって歩いていると、「バサバサッ」という音が聞こえました。

振り向くと、信号待ちの大型トラックの幌(ほろ=荷台を覆うカバー)の上部と、街路樹の枝葉が接触していました。

高さのある街路樹の枝葉が車道にはみ出し、干渉したようです。

幌にダメージはないと思われ、その後トラックは走り去りました。

このまま伸び続けるとトラックを傷つける可能性もありますので、市に剪定して頂きました。

公園緑地課さん、ご対応ありがとうございました。

引き続き、市内の不具合の早期発見に努めてまいります。

剪定後です。

剪定前は枝葉が車道にはみだしていました。

8月度活動報告

■2019.8.31(土)■

8月度活動報告を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

PDFを表示

薬師川トンネル周辺の除草をして頂きました。

■2019.8.27(火)■

先日、JR東海道線の直下にある薬師川トンネルの周辺に雑草が生い茂り、枝葉が照明に絡みついたり、トンネルの入口に垂れ下がっている事に気が付きました。

ここは通学路で、夏休みが終わると多くの子ども達が通りますので、安全に通行できる環境を確保しなければなりません。

市に対応を要請したところ、JR東海さんがすぐに除草をしてくれました。

皆様、誠にありがとうございました。

引き続き市内をよく観察し、危険な地点の早期発見に努めてまいります。

除草後です。

夜間の写真ですが、除草前は雑草が垂れ下がり、通行のじゃまになっていました。

照明に絡みついた雑草も除去されました。

除草前はこのような状態でした。

稲垣市長に令和2年度予算編成に関する要望書を提出しました。

■2019.8.20(火)■

本日、私の所属会派「市民クラブ」6名は、令和2年度予算編成に関する要望書を作成し、稲垣市長に提出しました。

6月の市長選・市議選を経て、市の舵取りは、竹中市長から稲垣市長へ引き継がれ、私達市民クラブのメンバーも、山内市議が深谷市議とバトンタッチしました。

新たな視点も加わり、有意義な意見交換ができたと思います。

私からは

・中小企業の市外流出防止の新たな手法検討

・元気なシニア人材の就労等、更なる登用

・障がい児・者のライフステージ支援の充実

等を提案し、盛り込みました。

多彩な内容となりましたが、関係各位におかれましては、1件でも多く予算に反映して頂けますようお願い申し上げます。

伊藤会長が稲垣市長に要望書を手渡しました。

南北連絡道路に注意カンバンを増設して頂きました。

■2019.8.18(日)■

市の中心部を抜ける南北連絡道路は、JRと名鉄の直下をくぐり、南北をつなぐ幹線道路として機能しています。毎日多くの車、自転車、歩行者が往来し、通学路としても利用されていますが、以下の問題が生じています。

産業振興センター方面から交通児童遊園方面に南進すると、ルート全体が下り坂かつ、右方向にカーブしており、前方がうまく見通せません。歩道も同様なのですが、下り坂を猛スピードで駆け抜ける自転車ユーザーが後を絶ちません。

近年、自転車と歩行者の接触事故が全国各地で発生しています。被害者が重大な後遺症を負うなどした場合、加害者が多額の損害賠償を求められる場合もあります。

私もここを歩いている時、対面や背面から来た自転車と接触しそうになった事が何度もありますし、市民の方からも危険性を指摘されていました。自転車降車の指示カンバンは、歩道の南北端に2か所づつありますが、半ば形骸化しているように感じます。

そこで市と相談し、注意喚起のカンフル剤として、歩道の壁面6か所に注意カンバンを増設して頂きました。

土木管理課さん、ご理解ご協力ありがとうございました。

通行される皆様には、自転車の降車にご協力頂けますよう、改めてお願い申し上げます。

引き続き、この路線の安全性を注意深く観察していきたいと思います。

増設された注意カンバンです。

見通しが悪い地点にも、よくわかるように設置されました。

その他にも様々な場所に設置されています。

自転車は降りて通行頂けますようご協力お願い致します。

監査委員を拝命しました。

■2019.8.5(月)■

選挙後最初の役職改選が行われ、監査委員を拝命しました。

一昨年に続き、2度目の着任となります。

監査委員は、市議会3役のひとつで、市の財務状況や事業の執行状況などを様々な角度からチェックします。

市の事業のよりいっそうの効率化・適正化、内部統制(法令遵守やリスク管理等を自ら統制する仕組み)の強化など、監査委員の仕事はその重要性を増しています。

企業人としての知見・経験を活かし、職責を果たしてまいります。

関係各位におかれましては何卒宜しくお願い申し上げます。

着任のあいさつをする私。

街路樹の不具合を直して頂きました。

■2019.8.5(月)■

刈谷駅北口から一色町方面に続く市道01-20号線は、刈谷の顔となる幹線道路です。

朝夕は通勤通学をはじめ、多くの人が通行しますが、その沿線で、街路樹と支柱を結ぶヒモが、あちこちで切れたり緩んでいる事に気づきました。

7月の台風の影響と思われますが、これでは街路樹が安定せず、倒れる可能性もあります。

市に対応を要請したところ、沿線の約20か所の街路樹に問題があるとわかり、ヒモの締め直しをして頂きました。

公園緑地課さんの迅速な対応に感謝申し上げます。

引き続き、道路や施設を的確に維持・保全・改善するまちづくりに努めてまいります。

締め直し後です。

締め直し前は、ヒモが完全に脱落している街路樹もありました。

7月度活動報告

■2019.7.31(水)■

7月度活動報告を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

PDFを表示

6月度活動報告

■2019.7.23(火)■

6月度活動報告を掲載しました。PDFファイルをご参照下さい。

PDFを表示

1 / 3412...102030...最後 »