活動実績

市民文教委員会で質問・提案しました。

◆2016.6.20(月)◆

市の組織変更による所管の見直しにより、従来の文教委員会は『市民文教委員会』に改編され、本日召集されました。私の主な質問・提案内容は以下の通りです。

★さはらの主な質問

★H30.4月開校の特別支援学校の建設費は、当初10億円との答弁があったと記憶しているが、議案は総計約12.9億円となっている。これは妥当か。

市答弁:小垣江東小北舎の増築、改修工事費の他、南舎の老朽化対策も行う為、契約金額の総額が約12.9億となっているが、このうち特別支援学校関連の費用は約9.4億で、当初見込みとほぼ同額である。

★特別支援学校は災害時に電源を喪失すると、児童生徒の生命にかかわる。非常用電源の確保はどうなっているか。

市答弁:消火栓を稼働させる自家発電設備に加え、電力による医療ケアが必要な児童生徒が通うことを踏まえ、発電機や蓄電装置などの配備を検討している。

☆さはらの主な提案

☆特別支援学校の児童生徒が在校時に大規模災害が発生した場合は、学校をそのまま福祉避難所的に機能させ、一定期間留まれるよう配慮すべき(提案のみ)。

☆熊本や大分県産の食材を使った「仮称:熊本・大分応援給食」を提供し、被災地支援、子ども達の食育及び防災意識の向上をはかってはどうか。

市答弁:給食の食材は、使用日に必要量が確実に納品されないと提供が難しく、メニュー変更も原則としてしないが、熊本・大分県産の食材が、コスト等を含め納品に問題がないと判断できれば、被災地支援の一環として、使用を検討していきたい。

☆新設された文化観光課が、観光誘客の主管部署として関係部署を束ね、観光振興に本気で取り組むべきと考えるがどうか。

市答弁:観光施策は、文化観光課が主体となって積極的に推進していく。今後は、史跡等も重要な観光資源として位置づけ、本市の知名度の向上や誘客の推進に一層努めていきたい。

前向きな答弁もありました。実現に向けてご検討頂きたいと思います。

質問イメージ(再現)。

道路の除草をして頂きました。

◆2016.6.12(日)◆  

トヨタ紡織㈱本社前の幹線道路を除草をして頂きました。

刈谷市土木管理課さんのご対応に感謝申し上げます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

除草後です。

除草前はこのような状態でした。

中山公園の樹木を剪定して頂きました。

◆2015.6.4(土)◆

ご近所さんより、中山公園の樹木の枝葉が道路にはみだし、通行車両や歩行者と接触しそうだとの連絡を頂きました。

早速、刈谷市公園緑地課さんに剪定を要請した結果、迅速にご対応頂きました。

誠にありがとうございました。

中山公園は、私が物心ついた頃からよく遊んだ公園です。

引き続き、ポプラの木の綿毛対策と、表土の入れ替え工事もお願いしています。

末永く使えるよう適切に維持管理して頂きたいと思います。

今後とも宜しくお願いいたします。

公園北側道路の剪定後です。

剪定前は枝葉が車の屋根にかかりそうな状態でした。

南側道路の樹木も剪定して頂きました。

5月度活動報告

■2016.5.31(火)■

5月度活動報告を掲載しました。月次レポートよりご覧下さい。

http://www.m-sahara.jp/?page_id=75

4月度活動報告

■2016.4.30(土)■

4月度活動報告を掲載しました。月次レポートよりご覧下さい。

http://www.m-sahara.jp/?page_id=75

紡ぎ織りレポート(市政レポート)Vol.21

■2016.4.1(金)■

紡ぎ織りレポートVol.21(市政レポート)を掲載しました。こちらよりご覧下さい。→http://www.m-sahara.jp/?page_id=93&year=2016

3月度活動報告

■2016.3.31(木)■

3月度活動報告を掲載しました。月次レポートよりご覧下さい。

http://www.m-sahara.jp/?page_id=75

通学路のグリーン舗装工事が完了しました。

◆2016.3.30(水)◆

地域の声に基づく通学路のグリーン舗装工事が完了しました。施工範囲は中山町南交差点から中山公園の南東角までの約230mで、朝夕は非常に交通量が多いルートです。教育総務課さん、土木管理課さんにおかれましては、誠にありがとうございました。4月からは新1年生の子ども達も登校します。安全に通行できるようになり、まずは一安心ですが、ドライバー各位におかれましても、安全運転及び路駐禁止にご協力頂けますようお願い致します。

グリーン舗装は、ドライバーに注意を促すとともに、歩行者の安全な通行を確保する取り組みです。

幅の狭い部分は注意して通行してくださいね。

薬師川を浚渫(しゅんせつ)して頂きました。

◆2016.3.23(水)◆

毎年お願いしている薬師川の浚渫(しゅんせつ=土砂を掘り取る事)が今年も行われました。重原地区を流れるこの川は、近接する市道01-36号線に溜まる雨水の排水先であり、特にゲリラ豪雨時に重要な機能を果たしますので、堆積した土砂やゴミを除去し、流量を確保する作業は大変重要です。毎年コツコツ進めた結果、新重原歩道橋からJR東海道線のトンネル手前までの200m程が浚渫され、大変スッキリしました。雨水対策課さん、誠にありがとうございました。まだ上流の作業が残っています。お手数ですが、来年度も引き続き宜しくお願い致します。

浚渫後は見違えるほどきれいになりました。

昨夏の写真です。堆積した土砂に雑草が生い茂り、川の流れを阻害していました。

状況によって異なりますが、豪雨等で増水するとこのようになります。

文教委員会で質問・要望しました。

◆2016.3.14(月)◆

本日の文教委員会で質問、要望、提案をしました。主な内容は以下の通りです。

1)刈谷市教育大綱について

さはらの質問

教育大綱にある「情報モラル教育の充実」に、具体的にどう取り組んでいくのか?

市答弁

ケータイスマホ安全教室等を実施してきたが、豊富な知識を持つ子どもに指導が追い付かないケースもある。今必要なのは、子ども達が自分たちのでルールをつくっていく事であり、生徒会サミット等を通じ取り組んでいく。

さはらの要望

2年前、刈谷が始めた「スマホ規制」は全国の注目を集めた。形骸化させないよう、引き続き取り組んで頂きたい。啓発標語を児童生徒で考えてはどうか。もしトラブルが発生しても、子ども達自身が解決する事に加え、子ども相談センター等がセーフティーネットとして機能する環境を構築して欲しい。

2)刈谷市立の特別支援学校(肢体不自由)について

さはらの要望

障がいのある子とない子が交流しながら成長する学校なので、そのイメージに合った、親しみやすい愛称をつけてはどうか。市の努力で、特別支援教育の機能が格段に向上してきた。障がいに対する市民の理解を深め、ノーマライゼーションのまちづくりを更に進めて欲しい。

3)小垣江東小学校大規模改造事業について

さはらの要望

小垣江東小は校舎の大規模改造、特別支援学校建設、第一給食センター建設という、3つの大きな工事が同時に行われる。騒音や安全面、工事業者間の情報共有に十分配慮するとの事だが、万全な安全対策をお願いしたい。

4)ICT教育事業について

さはらの要望

ICT教育の意義は、楽しく学びながら学習の質やコミュニケーション能力を向上させ、グローバル社会を生き抜く力を身に付ける事である。検討部会でコストや業務負荷を分析し、先生方にとっても、児童生徒にとっても最適な導入方法を検討して欲しい。特別支援教育にも活用すべき。

5)ホームタウンパートナー事業について

さはらの要望

市内を拠点とする12スポーツチーム「ホームタウンパートナー」と、市民との距離を更に縮めて欲しい。パートナーの紹介リーフレットは、ホームゲームがないチームの試合日程も掲載すべき。また、合意が得られれば、市民と選手のふれあいトークショーを開いてはどうか。パートナーからリオ五輪出場選手が出れば、その経験を伝える場にもなる。ぜひ検討して欲しい。

刈谷市は引き続き情報モラル教育に取り組んでいきます。

10 / 28« 先頭...1011...20...最後 »