市政レポート

2021.9月度活動報告

9月定例会では一般質問に登壇し、コロナ禍に対応しつつ、アフターコロナにも有効と思われる各種施策を提言しました。

その概要につきましては、レポートをご参照頂きたいと思いますが、私と市の考えのベクトルが合致する点については、前向きな姿勢も感じましたので、実現に向け、検討が進む事を期待します。

さて、コロナ第5波は終息の兆しを見せております。

そうした中、塩野義製薬製の治療薬が、最終段階の治験に入ったとの報道がありました。

第6波の到来も予見されますが、コロナがインフルエンザ同様の感染症となる日は近いと信じ、引き続きの警戒にご協力頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

2021.8月度活動報告

私は8/5の臨時会で、市民文教委員会の委員長、会派「市民クラブ」の会長などを拝命しました。

要職に身が引き締まる思いです。

モノづくり産業の代表としての誇りと責任を持ち、市議会の舵取りを担ってまいります。

また、補正予算として、地域応援商品券事業や飲食店感染防止対策支援事業が認定されました。

国は、コロナワクチンの2回接種に加え、ブースター接種(3回目の接種)、交差接種(別メーカーのワクチン接種)を検討しておりますが、一刻も早い収束の為のベストな選択をして頂きたいと思います。

コロナ禍に対応しつつ、アフターコロナにも有効な施策を考え抜き、提案してまいります。

PDFで見る>>>

2021.7月度活動報告

さる7/30、刈谷市は12歳以上の市民へのワクチン接種券の郵送を完了し、年内を目途に希望者への接種を完了できるよう取り組んでいます。

職域も含め、オール刈谷で接種が進むよう提言していきたいと思います。

さて、当月の活動ですが、私の所属会派「市民クラブ」6名は、市の次年度予算編成に関する要望書を作成し、8月から会長を務める私が稲垣市長に手渡しました。

要望には、引き続きのコロナ禍対策、アフターコロナを見据えた施策、持続可能な社会づくりなど、多様な内容を盛り込み、1件でも多く予算に反映して頂けるようお願いしました。

また、従前より要望していた刈谷豊田総合病院の水害対策工事(下がり松川の浚渫工事)が行われました。

同院をコロナ禍と豪雨災害の重複発生から守る取り組みです。

喫緊の課題から中長期的な課題まで、「全方位」で考え対応するまちづくりに、引き続き取り組んでまいります。

PDFで見る>>>

2021.6月度活動報告

刈谷市には「まん延防止等重点措置」は7/2まで適用されており、引き続きのご不便をおかけしますが、何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

6月定例会の一般質問では、アフターコロナを見据えた施策を中心に提言をしました。

その中で、刈谷市内の強豪スポーツチーム(ホームタウンパートナー)のOBやOGが、子ども達等を指導する「マッチング登録制度」の創設や、体育施設や学校グラウンドの照明のLED化については前向きな答弁もあり、一定の成果を得る事ができました。

コロナワクチン接種は、関係各位のご尽力により接種機会が拡大しつつありますが、ワクチン不足に伴う接種の停滞も危惧されております。

山積する課題解決の為、市議としてできる事を積み重ねてまいります。

変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

2021.5月度活動報告

県の緊急事態宣言が6/20まで延長となり、皆様には引き続きご面倒をおかけしますが、変異するコロナウイルスの拡大抑止にご理解を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

コロナ収束の切り札であるワクチン接種については、日々様々な情報が飛び交っておりますが、それらを的確に取捨選択し、適切な情報発信に努めていきたいと思います。

さて、7月より、私の所属会派「市民クラブ 」がかねてより要望していた、放課後児童クラブの夜勤時の利用制限撤廃が実現の運びとなりました。

6月定例会の一般質問では、主にアフターコロナを見据えた各種の提言を行う予定です。

コロナ対策とともに、「次の100年のまちづくり、人づくり」に取り組んでまいります。

変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

2021.4月度活動報告

コロナ感染拡大に伴い、4/20~5/11の間、愛知県に「まん延防止等重点措置」が適用されております。

自粛が続きますが、市民の皆様のご理解ご協力を何卒お願い致します。

さて、コロナ対策の切り札であるワクチン接種ですが、市内の医療機関において、65才以上の方の接種予約が5/17から、接種が5/24から始まります。

詳細はこちらをご参照下さい↓。

https://www.city.kariya.lg.jp/kurashi/kenkoiryo/info_kenko/1007523.html

全市民への接種までにはまだ相当の時間がかかりそうですが、引き続き市議としてできる事に取り組み、皆様の不安を少しでも和らげられるよう活動してまいります。

変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

2021.3月度活動報告

さる3/21に愛知県独自の厳重警戒宣言は解除されましたが、県内の感染者数は再び増加傾向にありますので、誠にご面倒ですが、引き続きの感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

さて、刈谷市は5月上旬より、高齢者施設等に入所されている方からコロナワクチン接種を開始するとの方針を示しましたが、情報は日々変化しておりますので、今後も当報告書にて最新情報を発信してまいりたいと思います。

3月定例会では、刈谷豊田総合病院の水害対策などを提案し、一定の成果を得られました。

また、3月末で屋外照明類4,018灯のLEDが完了しました。

風水害への対応力と防犯力向上をはかり、コロナ禍との重複災害に耐えうるまちづくりを提言してまいります。

引き続きのご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

2021.2月度活動報告

2/28をもって国の緊急事態宣言は解除されますが、愛知県は3/14まで独自の「厳重警戒宣言」を発出し、引き続きの感染拡大防止の徹底を求めています。

自粛が続きますが、皆様におかれしまては何卒ご理解ご協力お願い申し上げます。

さて、刈谷市でもコロナワクチン接種の準備が始まりましたが、ご存知の通り、ワクチン入手に関する情報は二転三転しております。

そこで当報告書内に、現在判明している情報や問い合わせ先等を掲載しましたので、ぜひご活用下さい。

3月定例会では、来年度予算をはじめとする重要議案が審議されます。

支援を要する人や団体を速やかにサポートし、誰一人取り残さない予算編成であるかを検証していきたいと思います。

引き続きのご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

2021.1月度活動報告

緊急事態宣言が再発出される中、県の感染者数は一進一退の状況ですが、引き続き自粛にご協力頂く事が、これ以上の感染拡大及び医療逼迫を防ぎ、皆様の生命と財産を守る事につながってまいります。

当レポート内の感染拡大防止の行動に、何卒ご協力をお願い申し上げます。

また、一昨年私が提言した地下道照明のLED化とその効果をご紹介しています。

コロナ禍の中、少しでも明るい話題になれば幸いです。

2月臨時会及び3月定例会では、全国民へのワクチン接種をはじめとする来年度予算案を審議します。

課題は山積しておりますが、皆様が一刻も早く通常の生活を取り戻せる様、全力で活動してまいります。

引き続きのご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

2012201320142015201620172018201920202021