市政レポート

紡ぎ織りレポートVol.48(2022.9月定例会報告)

この度、刈谷市議会の副議長を拝命しました。

これもひとえに、皆様のご支援の賜物であり、厚く御礼申し上げます。

1年間の任期中は、議会運営の中枢を担うとともに、市政に関する各種会議体、近隣自治体・事業体等との会合、各種行事への出席、来客対応等が活動の中心となります。

いまだ収束をみないコロナ禍をはじめ、市政は多くの課題に直面していますが、建設的な議論を通じ、課題を着実に解決していける議会づくりに努めてまいります。

変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

紡ぎ織りレポートVol.47(2022.6月定例会報告)

コロナワクチン接種の拡大など、関係各位のご尽力により、少しづつコロナ以前の日常が戻ってきてはいますが、企業のテレワーク定着によるワーク・ライフ・バランスの変化や、集団主義から個人主義へのシフトなど、社会は変容しつつあります。

ロシアのウクライナ侵攻を端緒とする物価高も加わり、不透明な時代が続きますが、関係各位とよく連携し、今できる事をしっかりと積み重ねていきたいと思います。

変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

紡ぎ織りレポートVol.46(2022.3月定例会報告)

ロシアがウクライナに侵攻しました。

刈谷市議会もロシアの行動を非難し、撤退を強く求める決議を採択しました。

多くの生命が失われる事態の即時終結を強く願います。

質問質疑では、更なるコロナ対策、カーボンニュートラル達成に向けた取り組み、学校教育の充実等を提言し、一定の成果を得られました。

世界情勢は混沌としていますが、今自分ができる事に全力で取り組んでまいります。

変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を心よりお願い申し上げます。

PDFで見る>>>

20122013201420152016201720182019202020212022